妊娠するとやってくるのが、つわり。中には全くないという超ラッキーな方もいるそうですが、やはり大多数のプレママが経験するものです。

しかし、つわり中は集中力が下がったり、突然吐き気が襲ってきたりと妊娠前とはかなりの変化が生まれるので、働くママにとっては不安も大きいのではないでしょうか?

そこで、今回は、仕事中のつわり対策!できるだけ楽に乗り切るコツをまとめてご紹介します!

仕事中のつわり対策!できるだけ楽に乗り切るコツとは?【会社編】

つわり中でも仕事を休めない、休みづらいので、頑張って仕事に出てきている・・という妊婦さんは多いと思います。
つわり中の妊婦さんを支えるには、どうしても職場の上司や同僚たちの理解や協力が必要ですから、それがないと辛いですよね・・

そこで、なるべく仕事中のつわりを楽に乗り切れるよう、まずは有効だと言われる対策の中から会社に関わるものを集めてみました。是非、参考にしてくださいね!

まずは、“妊娠”報告から?!

前回の「つわりが辛いなら仕事を休むべき!電話等での理由の伝え方は?」記事でもご紹介したのですが、つわりは気合いや精神力で乗り切れるほど甘くありません。
ですから、よほどつわりが軽く済む方以外は、つわりで具合が悪い日などにどうしても仕事を休まなければならないという事態が起こる可能性があり、上司や同僚をはじめとする職場の理解や協力が必要不可欠になってきます。

そのため、妊娠したら、まずは上司にその報告をするべき!プライベートな内容なので、伝えにくいという方もいるでしょう。
ですが、お腹の赤ちゃんをまずは第一に考え、無理をしないように気をつけて生活しなければならないのが妊婦さんです。妊娠の事実、体調のことなどを伝え、つわりへの理解とサポートをお願いしましょう。

また、あなたがお仕事を休んだ時にフォローに回ってくれる同僚などにも、妊娠について伝えるべきです。同僚全員に伝える必要はないと思いますが、信頼できる先輩などに伝えておけば、さりげなくサポートしてくれるかもしれません。

詳しくは、「つわりが辛いなら仕事を休むべき!電話等での理由の伝え方は?」記事にあります。興味のある方は、是非ご覧ください。

母子健康管理指導事項連絡カードとは?

うちの会社では妊婦に何の便宜を図ってもらえない・・とお悩みの方!
実は、母子手帳などに添付してある「母子健康管理指導事項連絡カード」の活用で会社側に適切な対応をお願いできることがあります。

これも、「つわりが辛いなら仕事を休むべき!電話等での理由の伝え方は?」記事で詳しく書いていますが、「母子健康管理指導事項連絡カード」は、妊婦が医師に問題を相談し、「仕事量を減らす方がいい」「通勤時間を替えてもらったら?」などの指導が受けられれば、カードに記入してもらい、会社の提出することができるもの。
法律上、提出を受けた会社側は適切な対応を取らなければならないことになっています。

会社側がなかなか便宜を図ってくれないという時は、このカードをうまく活用するのも方法の一つですね。

仕事中のつわり対策!できるだけ楽に乗り切るコツとは?【食べ物・グッズ利用編】

続いては、仕事中のつわりを食べ物やグッズ、工夫などで乗り切ろうという対策編です。

ガムや飴

ガムなどを口に含むと、つわりから来る気持ちの悪さを和らげることができると言われています。また、「食べづわり」と呼ばれる、いつも何か食べていないと気分が悪くなるというつわりにも効果的ですし、妊娠初期にありがちな激しい眠気対策としても有効です。

ただし、常にガムや飴を食べていると、虫歯糖の摂り過ぎが気になります。
その場合は、ノンシュガーのものなどを選ぶといいかもしれません。また、味としてはミント味ソーダ味がスッとして気分が良くなると、人気です。

食事回数を分け、増やす

「食べづわり」や、その反対の、何も食べられない・何を食べても吐いてしまうという「吐きづわり」対策として、1回の量を減らして食事回数を増やすというのが効果的です。
一口で食べられるおにぎりやお菓子などを用意しておき、仕事の合間に摂るといいでしょう。

また、吐き気がひどく、食事がうまく摂れていない場合、栄養が十分に摂取できていないことから仕事の集中力が低下してしまうことがあります。
食事を複数回に分けて増やし、さらに食事量を減らすことによって1回で多く食べる必要もなくなりますから、食事へのハードルが下がり、食べられることがあるので試してみて下さい。

ただし、しょっちゅう、または常に口に何かを入れていると、就業態度が悪いと誤解を受けることも。そのため、この行為が必要なのだと、事前に妊娠やつわりなどについて説明しておくことは、やはり大切です。

マスクの着用

つわり中は匂いに非常に敏感になる人が増えます。電車などの多くの人に匂いで気分が悪くなり、途中下車しながら会社に行く・・という話もよく聞きます。

その場合、マスクの着用が効果的。完全にシャットアウトはできませんが、だいぶ楽になるはずです。また、冬の風邪や、インフルエンザ対策としても有効ですよね。

そして、どうしても通勤のラッシュアワーが耐えられないという方は、会社側に相談して、通勤時間をずらしてもらうこともできると思います。

つわりに効く!?ビタミンB6の摂取

こちらは、「つわり対策!軽減させる方法としてツボや食べ物がおすすめ!」記事でも紹介していますが、ビタミンB6にはつわりを和らげる効果があると考えられているのです。
実際、つわりのひどい妊婦さんへの点滴にはこのビタミンB6が含まれていますし、効果があったと話す妊婦さんも多いです。

そこでおすすめなのが、ビタミンB6のサプリ。手軽に摂れて、職場でも使いやすいですよね。ただ、注意してほしいのが、①サプリは必ず適正量を守ること②妊婦が使用したい旨を告げて、薬剤師などに必ず相談することの2つ。
ビタミンの過剰摂取は身体を損ないます。お腹の赤ちゃんに害を及ぼさないためにも必ずこの2つは守ってくださいね。

また、お腹に赤ちゃんがいると、サプリに使用されている成分や原料も気になるところ。なるべく安全・安心な原料を使用しているメーカーのものを選んでくださいね。

いかがでしたか?仕事中のつわり対策!できるだけ楽に乗り切るコツ、いろんな対策がありました。是非、あなたにぴったりなものを探してみてくださいね!

[ad#ad3]