男性だけでなく、女性やりがいのある仕事を持って働くことが、当たり前になった現代。
子どもは夫婦二人で育て、男性も育児休暇を取ることが勧められる世の中になり、イクメンという言葉も根付いてずいぶん経ちますよね。

しかし、今なお、妊娠中の体調不良、出産によって仕事を辞めざるをえない女性は数多くいます。
きっかけの一つは、つわり

つわりは、妊娠初期に多く起こるもので、倦怠感胃の不快感吐き気嘔吐眠気がするなどの症状が出ます。ひどい時には、立ち上がることさえおぼつかなかったり、吐き続けて1日中トイレから離れられなかったり、症状が悪化して入院をしなければならないことも。

やむを得ず、休みたい旨の電話を毎日かけながらも、本当は会社に行きたい、ちゃんと働きたいのに・・と悔し泣きしているというプレママさんも多いですよね?

ただ、男性や妊娠・出産を経験していない女性が多い職場などによっては、妊婦さんがつわりで仕事を休むことに難色を示し、理解が得づらいというところも少なくありません。

そんな働くプレママさんに向けて、今回は、つわりで苦しい時、上司や同僚へどう説明するとわかってもらえるか?
また、仕事を休む時の電話などでの伝え方などをまとめてみました。

働くママ!妊娠したら、報告は必要?

妊娠がわかった時に、上司や同僚などにわざわざ報告するのも・・と思っている方はいませんか?もちろん妊娠というごくプライベートなことを報告するのに抵抗がある気持ちもわかります。

しかし、妊娠したら早めに会社側に伝えることが大事なんです!どうしてかって?その理由についてお話していきましょう。

まずは上司、信頼できる同僚に妊娠の報告を!

妊娠したら早めに会社側に伝える。これがどうして大切なのか?
何故なら、妊娠中は思いもかけないことが起こる可能性があり、それは自分でコントロールできるものではないからです。

例えば、重症の妊娠悪阻(つわりの悪化)、切迫流産切迫早産など。赤ちゃんを守るためには、否応なく入院しなければならないケースです。

そんな時、何も知らされていない会社側、上司、同僚にしてみたらどうでしょう?
言っておいてくれたら、サポート体制も事前に考えておけたのに・・と思うのではないでしょうか?
ですから、やはり妊娠の報告はしておくべきなのです。

しかし、男性の上司や出産経験のない上司、同僚などには妊娠の話は言いにくい・・
何を言っても怠けるための口実と思われないかな・・?と心配にもなるかもしれません。

ですが、妊娠中も出産後もその職場で働きたい、もちろん赤ちゃんも守りたい!そう思うなら、やはり妊娠について理解してもらえるよう話すことは不可欠だと思います。

伝え方のポイントは?

理解してもらうためには、具体的な説明をすること。これがポイントとなります。
妊娠や出産を経験したことがない方にとって、妊娠と共にあらわれるつわりや諸症状は未知の領域。

これくらい知っているのでは?ではなく、自分が妊娠したことによって、将来、こういうことが起こる可能性がありますなど、数字やデータなどを交えて、わかりやすく伝えるのがいいのではないでしょうか?特に男性などは、客観的な数字やデータを好みますので、理解度が高まると思います。

伝えたい事柄としては、

・妊娠に多く起こるつわりの諸症状について
・つわりがあるなら自分の症状について
・つわりの時期について:始まりは妊娠4週~7週、ピークは7~10週辺り、
 14~16週に入ると落ち着く人がほとんど
・妊娠によって、今までより仕事の能率が落ちる可能性があること
・無理をすると、重大事につながりかねないということ
・急にお休みをいただかなければならない時も出てくるかもしれないこと

など。これらを踏まえて、ご迷惑をおかけすることが多いかもしれないが、仕事もがんばりたいので、協力していただきたいという真摯な気持ち上司に伝えましょう。

また、上司だけでなく、自分の仕事をフォローしてくれる同僚にも話しておくことが大切です。全員に話す必要はありません。あなたが信頼する人や妊娠・出産の経験がある先輩などに話しておくと、何かと助けになってくれると思います。

母子健康管理指導事項連絡カードの活用

母子健康管理指導事項連絡カード
それは、ほとんどの母子手帳などに記載されているもので、厚生労働省にの説明によれば「主治医等が行った指導事項の内容を、仕事を持つ妊産婦から事業主へ明確に伝えるのに役立つカード」のこと。

例えば、妊娠中などに「仕事を減らした方がいい」「通勤時間や通勤手段を変更した方がいい」など、医師の指導受けた時、その旨をカードに記入してもらい、それを会社に提出することができます。

法律上、会社(事業主)は妊娠中の女性が病院から指導を受けた場合、通勤や休憩、休業といったことに適切に対応しなければなりません。
上手に活用して、適切な対応をしてもらえるようにしましょう。

つわりがひどい!電話でお休みを伝える時は?

つわりがひどい時というのは、何もすることができず、会社への通勤や仕事など、とてもとてもできる状態にありません。

そんな時、つわりでお休みしたいと電話で連絡しなければいけないのですが、これが億劫ですよね?上手に伝えるコツ・・、あるのでしょうか?

つわりがひどいと正直に!

電話などでつわりがひどいため、仕事を休みたい時、正直に、つわりがひどいので・・と言っていいと思います。他に理由もないですし、赤ちゃんを守るためにもママは無理をするべきではありません。
それに、嘘をつくと、それをごまかすためにまた嘘を重ねなくてはならなくなりますから、こちらもおすすめできません。

また、くどくどと自分の状況を述べるのも感心しません。風邪でお休みする時、風邪の具合がどれだけひどくてつらいか、どんな状態か、いちいち説明しませんよね?
聞かれたら答えるのはいいと思いますが、いつもの欠勤と同じように簡潔に伝えていいと思います。

コツは、申し訳ないという気持ちと感謝を伝えること

妊娠し、つわりがひどく、どうしてもお仕事を休まなければいけない・・
電話をすると、どの会社でも快く了承してもらえる・・
早くこんなことが当然の世の中になればいいなと思います。

しかしながら、現実はまだまだ厳しいものです。嫌味を言われたり、対応が冷たかったりと肩身の狭い思いをすることが多いと思います。妊娠して、どうしても仕事ができなくて休むだけなのに、なぜ?と憤ることもあるでしょう。

しかし、あなたが職場に復帰したい、仕事を続けたい、上司や同僚ともいい関係のままでいたいと思っているなら、ここは我慢。妊娠しているから、当然でしょ?という態度NGです!

何を言われても、「いつもご迷惑をおかけしてすみません。感謝しております」とあくまで低姿勢で。いつもすまなく、有難く思っていることを繰り返し伝えましょう。嫌味や冷たい言葉はスルーしてください。

妊娠や出産、子育て中、女性は何かと周囲から圧力を受けます。ですが、それをいちいち気にしていたら、働きながら赤ちゃんや子どもを守ることはできません!
母たるもの、ひそかに、強く、ずうずうしくなることが必要だと、私は思います!!

[ad#adyousan]