妊娠中は、赤ちゃんの成長やママの身体の変化に伴い、マイナートラブルがとかくあらわれがち。むやみやたらとお薬が飲めない妊婦さんにとっては、様々な不調に苦しめられ、辛い思いをする上に、お腹の中の赤ちゃんは大丈夫なのかな・・・と不安になることも多いでしょう。

そんな妊婦さんの不安を解消するべく作られたこのサイト!少しでも世の中の妊婦さんの不安をぶっ壊すべく!今回も、有用な情報をお届けしていきますよ!

今回お届けするのは、妊娠中期の症状・第4弾!吐き気の原因と対策についてです。妊娠初期のつわりから始まり、中期に入っても吐き気に悩まされている方、いませんか?必見です!

妊娠中期の症状④吐き気の原因とは?

妊娠初期の妊婦さんの、実に8割にみられるというつわり。中期に入ると、ようやくつわりのピークも過ぎ、症状が解消されるか、落ち着いてくるという方も少なくないのですが、実は、中期に入ってもなお「吐き気」に悩まされるプレママもいます。

私も長かったですね・・いつこの吐き気がなくなるんだろう?と、そればかり考えてしまうのですが、いつともしれないゴールを待つだけの日々は本当に辛かったです。

皆さんには、私のようなそんな思いをしていただきたくない!
しっかりと原因対策を知って、是非、今のお悩みに役立てていただきたいですね!

黄体ホルモン「プロゲステロン」の増加によるもの

妊娠中期の「吐き気の原因は、大きく分けて3つあります。その1つが、黄体ホルモン「プロゲステロン」の増加によるもの。

妊娠すると、女性の体内では「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」が妊娠黄体を刺激して「エストロゲン」「プロゲステロン」といった黄体ホルモンを盛んに分泌させます。このうち「プロゲステロン」は、筋肉の収縮を抑える働きがあり、子宮のみならず胃などの消化器官の動きを鈍くさせてしまう作用があるのだとか。そのため、胃酸などが食道に逆流したり、便秘になったりしやすくなるのだそう。「吐き気」を生じるのもここからきています。

また、これら「プロゲステロン」などの急激なホルモンの産生は、妊娠初期のつわり症状の原因の一つとされていますが、妊娠中期に入って、胎盤が完成されると、これらの産生が胎盤の方へ移るため、徐々に症状が落ち着いていくと言われています。

ですが、分娩まで妊娠を維持するために「プロゲステロン」は分泌され、増え続けるので、人によってはつわりの症状が治まらず、「吐き気が続くことがあるそうなのです。

胎児の成長による圧迫

2つ目の「吐き気」の原因は、お腹の赤ちゃんの成長によって胃などが圧迫されることにあります。
妊娠中期は子宮が急成長する時期。初期と比べ、ぐっとお腹が大きくなります。そのため、子宮などが下から胃などを圧迫し、それが「吐き気」などにつながりやすいのです。

便秘によるもの

3つ目の原因は、便秘です。妊婦さんは急なホルモン分泌が体内で起こることから、ホルモンバランスが崩れやすく、自律神経の乱れなどを招きやすい身体になっています。自律神経が乱れると、様々な症状が出てきますが、その中の一つが便秘

また、「プロゲステロン」などのホルモンの働きや、胎児の成長で胃などが圧迫され、動きが鈍くなることで便秘を引き起こす場合もあります。

便秘で「吐き気」を覚えるというのは一見不思議かもしれませんが、身体の中から排泄物を出そうとする自然な働きの一つのようです。

妊娠中期の症状④「吐き気」対策とは?

この辛い「吐き気」。少しでも楽になりたいですよね!
そこで有効な対策法をいくつかご紹介していきましょう!

食事は少しずつ、回数を分けて食べる

「吐き気」がある時にたくさんの食事を摂ると、それだけでウッときてしまいます。ですから、食事は少しずつ、回数を増やすなどして、分けて食べるのがおすすめです。
いつでもつまんで食べられるように、小さなおにぎりやパンなどを用意しておくといいかもしれません。ちなみに、アメリカの研究では、全粒粉のパンやクラッカーが「吐き気」などに効くという報告もあるそうですよ。

また、味付けが濃いと「吐き気」が増長されることがあります。妊娠中期と言えば、妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病なども気になってきます。味付けは薄めを心掛けましょう。

胃に負担のかからないものを食べる

お腹が大きくなり、胃を圧迫することが「吐き気」の原因の一つ。そのため、これ以上胃に負担がかからないようにすることも大切です。

脂っこいものや甘いものはなるべく避け、食事は消化の良いものを選び、よく噛んで食べましょう。胃に負担をかけないように、食事に汁ものを取り入れるのもいいですよ。

便秘解消に努める

「吐き気」と共に便秘があるという方は、便秘解消から取り組んでみて!
食生活を見直し、食物繊維が多いものや便秘に効くというキャベツやバナナ、ワカメなどの食材を積極的に取り入れるようにしましょう。
運動不足の方は、軽いストレッチを加えると、もっといいと思います。

病院でお薬を貰う

いろんな改善法を試してみたけど、一向に「吐き気」が治まらず、辛い・・
こんな方は、一度、産婦人科で相談を!

妊娠中でも、服用できるお薬があるんですよ!代表的なものは、漢方の「六君子湯」「小半夏加茯苓湯」「半夏厚朴湯」など。「吐き気」を和らげることができるそうです。

また、あまりに「吐き気」が長く続く、強いといった時は、別の病気なども原因として考えられますし、ママの身体が衰弱していないかという点も心配です。
ママ一人の身体ではありません。あまり一人で我慢せずに、医師に相談するのも大切だと思います。

いかがでしたか?妊娠中期の症状・第4弾!吐き気の原因と対策について。
悩める皆さんのお役にたてたなら、大変嬉しく思います。

[ad#adyousan]