妊娠4ヶ月【妊娠12週・13週・14週・15週】

妊娠4ヶ月になると、ママのお腹もちょっとふっくらとしてきて、外目にも「妊婦さんかな?」とわかるように。この1ヶ月で身長は2~3倍ほど、体重は5~6倍にもなる赤ちゃんの様子や、この時期の注意点などを見ていきましょう。

妊娠12週

ママの身体と注意点

妊娠12週目は、これから妊娠16週にかけて胎盤が完成するため、赤ちゃんを育てるための環境が安定してくることになります。初期流産の可能性も低下するため、多くの医療機関ではこれ以降、妊婦健診の回数が2週間に1度から4週間に1度のペースへ減るところが増えるでしょう。

この時期の子宮は、ちょうどグレープフルーツ大ぐらいの大きさになり、膀胱がかなり圧迫される状態が続きます。お腹もふくらみも目立ち始めるため、今まで着ていた服がきついと感じることも。なるべくゆったりとした衣類を選ぶようにするといいですね。

また、この頃になるとお腹の中の赤ちゃんを守ろうとして脊椎(せきつい)の1つが変形し、どんどん前へせり出してくるお腹をサポートする姿勢へと身体が変化すると言われています。

そのため、膀胱や大腸への圧迫だけでなく、体重の増加、腰椎が湾曲した姿勢そのものが腰痛を引き起こす原因になります。

ただ、この時期は、腰痛だけでなく、頻尿や便秘などのトラブルは続くものの、つわりから解放されて、心身共に落ち着く時期に入るママが多数になります。安定期はまだ先ですが、少しほっとできる時期でもあるでしょう。

ただし、食欲が増してくるので、今度は体重管理が必要になってきます。標準体型の方であれば、0週~15週の妊娠初期には1.5~2kg、16週~27週の妊娠中期には5~6kg、28週~39週の妊娠後期には3~4kgの体重増加が望ましいとされているそうです。食欲が出てきたのはいいことですが、急激な体重増加には十分に気をつけましょう。

また、この時期は「出生前診断」を受けようか悩む時期でもあると思います。もし、疾患や染色体異常などが見つかったらどうするのか?夫や家族などともよく話し合って検査を受けるか決めるようにしてくださいね。

赤ちゃんの様子

赤ちゃんの身長6~7cm体重15~20gくらいになります。
この頃になると、からまでの器官が出来上がって、赤ちゃんは羊水の中で口をパクパクと動かし、まるで呼吸しているかのような動きを見せるようになってきます。

赤ちゃんは、酸素を胎盤から取り込んでいるため、呼吸の必要はないのですが、これは子宮から出た後の呼吸の練習をし始めていると言われています。偉いですね!頑張っています!

また、まだ聞こえるようにはなっていませんが、複雑な作りであるも出来上がってきます。その他、眉毛まつげも生えてきます。髪の毛産毛などの体毛もエコーなどでよく見るとうっすら確認できることもあるのだとか。声帯も出来てくるようになります。

また、皮膚も発達し、このくらいの時期から透明な状態だった皮膚が不透明へ変化。だんだんと人間の皮膚らしい状態に変わってくるそうです。

それから、早い方であれば、この時期にエコーなどで赤ちゃんの性別がわかる方もいるそうです。しかし、まだ赤ちゃんが小さいため、確定はできません。はっきりと性別がわかるのはまだまだ先になりそうですよ。

妊娠13週

ママの身体の変化と注意点

妊娠13週は、つわりがなくなって食欲が湧き、子宮が骨盤の上に乗って膀胱への圧迫が少なくなるため、頻尿がおさまり、妊娠生活にも慣れてきて精神的にも肉体的にも余裕が生まれてくる時期であると言われています。

体調が落ち着き、ストレスを感じることが少ない時期でもあるので、地域で行われている母親学級に行ってみたり、マタニティーマークを取りに行ったり、安定期にやりたいことなどを考えてみたりするのもおすすめです。

ただし、胎盤の完成に近づくことと赤ちゃんの成長スピードが上がることなどから、ママの体内では、作られる血液の量が妊娠後期のピーク時に向かってどんどん増加していきます。

しかし、この血液はお腹の赤ちゃんの成長のために最優先で送られるもの。時には、ママが必要とする血液までもが赤ちゃんへ送られてしまうので、ママはどうしても「鉄欠乏性貧血」になりやすいのです。

ただ、ママが貧血になってしまうと、赤ちゃんに栄養が行きづらくなってしまうので注意が必要になります。葉酸をはじめとする栄養バランスがいい食事を心がけるのはもちろんのこと、鉄分が豊富に含まれる食品は積極的に摂るようにしましょう。

また、この時期はまだ多くの方が便秘に悩まされていると思います。食物繊維を摂る、こまめな水分補給を忘れずにするなどの対策も忘れずに!

また、ママの身体の方は、この週あたりから「お腹が大きくなってきた」と気がつく人が増えてくるようです。子宮小さいメロンほどの大きさになるため、お腹もぽっこりと出ているのがわかるように。

お洋服を窮屈に感じる時も多くなるので、そろそろマタニティウェアの購入を進めてもいいかもしれません。

また、お腹がぽっこりと出てきたことで、「妊娠線」が出やすくなる時期でもあります。「妊娠線」とは、妊娠によって皮膚の表面にできてしまうお腹の線のこと。皮膚がお腹が大きくなる速さについていけずに、断裂してしまっている状態であると言われています。

これから先、お腹はどんどん大きくなっていきますから、市販のローションオイルクリームなどでマッサージ保湿をしながら皮膚を柔らかくしておくケアが大切になってきますよ。

また、お腹が前へせり出してくることで腰に負担がかかり、立っているのが辛くなる場面も増えてくるでしょう。そんな時は我慢せず、すぐに椅子に座るようにしましょう。マタニティーマークを活用するのはいい方法です。

また、腰が痛いからと、ヨガストレッチを勝手にするのは、まだNG。身体を温める、ちょくちょく休憩するなどの対策で乗り切りましょう。

流産の可能性については、妊娠13週を過ぎれば1%くらいにまで低下するので、ますます安心して過ごせるようになると思います。ただ、可能性は0ではないので、痛みや出血があった場合は早めに産婦人科の受診を受けるようにしましょう。

赤ちゃんの様子

妊娠13週の赤ちゃんの身長は、7~8cmくらい。体重は、20~40g程度に成長します。ずいぶん大きく成長しましたね!

身体の輪郭もかなりわかるようになるので、赤ちゃんの成長具合によっては検診の際などに「平均よりも小さい・大きい」などと指摘されることもあるかもしれません。しかし、初期の頃を除いて、赤ちゃんの成長速度は人それぞれ。動き回る赤ちゃんを正確に計測するのは難しいですし、心配したり焦ったりする必要はありません。

赤ちゃんはこの時期、体内の各器官がさらに発達し、脾臓と肝臓を使って自分で血液を作り出せるようになります。また、歯茎の下には乳歯が生え、気管食道喉頭などができてきます。

そして、まるでグー・パーをしているような手の動きを見せることも。これは、触れたものを握ろうとする「掌握反射」というもので、神経系統が全体に行き届き、骨や筋肉なども十分に硬くなったことから、このような複雑な動きが出来るようになったのです。

また、口の骨の筋肉も発達していますので、頬が形成され、指しゃぶりをしている姿をエコー検査などで確認できるママも出てきます。かわいいですね!

妊娠14週

ママの身体の変化と注意点

妊娠14週になると、ママの子宮の大きさは、子どもの頭部と同じくらいにまでなります!
胎盤はあと一歩で完成というところまでになりますし、既にへその緒を通じてママと赤ちゃんが繋がり、栄養分や酸素などが赤ちゃんへ運ばれるようになります。

この時、赤ちゃんから出た老廃物などはママの方へと運ばれるようになるのですが、これらはママの方へ移動しても何も問題はないもの。心配はいりません。

またこの時期くらいからママはおりものの量が増えてきます。赤ちゃんが通る産道を整えるために腟が緩むことで起こるので、心配する必要はナシ!マタニティ用の下着をつける通気性・吸水性の高い下着を選ぶおりものシートを活用するなどしてください。

ただし、膿状のおりものや、チーズ状、黄色や緑色といったもの、匂いがかなりきついなどというようなことがあれば、必ず医師に相談を!何らかのサインである可能性が高いです。

また、お腹が大きくなることで、妊娠線を気にして、妊娠線防止のマッサージなどを毎日やる方もいますが、やり過ぎには注意!強くこすったり、マッサージをし過ぎたりするのはお腹の赤ちゃんによくありません。優しくなでるようにしてくださいね。

そして、つわりが終わって、食欲が増してくると、赤ちゃんの成長にも伴ってママの体重が増えるようになるため、このくらいの時期からむくみに悩むママが増えてきます。

妊娠14週は軽い運動を始めるのにも最適な時期ですから、栄養バランスのとれた食事をしながら、軽く体を動かすことはむくみ予防にも効果的!

その他、長時間立たないようにする横になる足を高い位置に置く水分をしっかり摂って体内の塩分濃度を下げるなどの対策も症状を緩和するのにおすすめです。

赤ちゃんの様子

妊娠14週の赤ちゃんの身長8~10cmほど、体重25~100gと、この時期の急速な成長によって個人差がでてくるものです。健診時に異常がなければ、多少個人差があっても気にする必要はありません。

赤ちゃんは筋肉が増え、皮下脂肪も付いてくる上、身体の比率が、頭:身長=1:4という新生児とほぼ同じ体型になり、赤ちゃんらしい姿に近づいてきます。

また、骨の一つ一つがエコーで確認できるほど、しっかりしたものへと発達し、喋るための準備器官である、気管・咽頭・声帯などが完成していきます。

さらに、この頃、赤ちゃんのの形成が進んで、脳細胞をつなぐ神経回路が完成。大脳の機能が開始されるのはまだ先になりますが、本能や喜怒哀楽をつかさどる大脳辺縁系がこの週あたりに機能を開始するようになり、快・不快などを感じることができはじめるように。

赤ちゃんの脳が成長し、機能を開始するということは、ママのストレスなどが赤ちゃんへ伝わるということ。できるだけ穏やかにゆったりと楽しく過ごしたいものですね。

また、この時期には赤ちゃんが顔の向きを変えられるようになるなど、器用な動きを見せてくれるように!エコーや超音波検査などがますます楽しみになりますね。

さらに、赤ちゃんの外性器がほぼ完成するため、超音波検査で赤ちゃんの性別がチェックできるようになり、早い方だと性別が確認できるママも!ただ、赤ちゃんの動きも激しく、100%判別できるようになるのはまだ先、妊娠18~20週頃と言われています。

妊娠15週

ママの身体の変化と注意点

妊娠15週は、翌週から安定期に入るという一歩手前の時期

胎盤がついに完成し、これから先はこの胎盤を通じてママの栄養が赤ちゃんへと運ばれ、反対にママの方へ二酸化炭素や老廃物が運ばれるように。

赤ちゃんとママがへその緒を通してしっかりと繋がり、この時期の赤ちゃんになるとママが食べたものの味も感じることができると言われています。驚きですね!

胎盤はこの時期に完成はしますが、今後も38週頃まで成長し続けます。最終的には直径が15~20cm、厚さは2~3cm、重さは500gほどにまでなるのだとか。

羊水の量も増え、胎盤が今までママが請け負っていた機能も引き受けてくれるようになるので、ママは体調不良やストレスなどがかなり軽減するはず。

また、嬉しいことに早い方は胎動を感じることも!
胎動は妊娠16週~22週頃から感じ始めるのが一般的であると言われますが、この時期から胎動を感じることができたというママも少なくありません。

お腹の中で空気がポコッポコッと動くような感じ、お腹がピクッピクッと痙攣(けいれん)するような感じなど、感じ方は人それぞれですが、胎動を感じることができるのはママだけの喜び!待ち遠しいですよね!

一方で、子宮が大きくなるにつれて、それを支えている靱帯(じんたい)が本当に痙攣を起こすことがあります。個人差もあるのですが、珍しいことではありませんので、温めたり、身体を休めたりするようにして症状を緩和するようにしましょう。

また、ホルモンバランスの変化によって、鼻の粘膜への血流量が増え、腫れて柔らかくなってしまうことから、この時期は鼻血が出やすくなるとも言われています。鼻血は生理現象ですので慌てず、あまり心配しすぎないようにしてください。

鼻血が出やすくなることからもわかるように、この頃は粘膜が弱くなる時期にあたるため、ちょっとしたことでも出血しがち。時には、性交渉の後に出血してしまうケースもあるため、驚く方もいるかもしれません。この場合はあまり心配する必要はないのですが、性交渉をしていないのに「出血」が見られた時は、母体に何らかのトラブルが起こっている可能性もあります。

妊娠12~22週までに起こる流産を「後期流産」といいますが、この主な原因は、過度のストレス、激しい運動、子宮の異常など。お腹の張り痛み出血などが見られる時はすぐに産婦人科を受診するようにしてください。

赤ちゃんの様子

妊娠15週の赤ちゃんの身長10~13cm体重40~100gほど!

身体の基本的な部分はすでに完成し、閉じたまぶたの下で目がゆっくり動くようになる、顔にも表情が出てくる皮膚もどんどん厚みを増し指にも指紋ができてくるなど、どんどん人間らしい姿形になっていきます。

目や耳はまだまだ成長している途中段階ですが、「吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)」と呼ばれる、赤ちゃんが指をチュパチュパと吸う行動がよく見られるようになるのもこの時期くらいから。

これは、お腹の外へ出た後、ママのおっぱいを吸うための準備運動のようなものであると考えられていて、面白い事に、赤ちゃんが吸啜反射=指を吸うのは、どちらか片方の親指だけ!そのため、吸っている指の方が利き手ではないか?と考えられているのです。

もしエコー検査で赤ちゃんが親指を吸っていたら、どっちの手だろう?とよく見ておくのも楽しいかもしれませんね!