妊娠5ヶ月は、いよいよ「安定期」「妊娠中期」に入る時期!

不安定な体調と戦った「妊娠初期」も終わり、体調は安定流産のリスクも低くなるなど、妊婦ライフを楽しめる時です!体調に気をつけながら、おでかけしてみたり、母親学級に参加したり、出産の用意やベビーグッズを購入したりするのもおすすめですよ!

妊娠16週

ママの身体と注意点

妊娠16週から「安定期」に入ります。「安定期」になると、つわりや吐き気、頭痛、倦怠感、眠気などの不快な症状が落ち着き、なくなる方がほとんど。

赤ちゃんも安定し、身体を動かせるようになるので、体重管理やストレス発散のためにもウォーキングなどの運動を取り入れることをおすすめします。地域や産院で行われている「母親学級」などに参加するのもいいですね。また、性交渉も母体に負担をかけない程度であれば安全にできると言われています。

この時期の子宮の大きさは、子どもの頭くらい。お腹もどんどん大きくなって、ふくらみは隠せないほどに。体全体もふっくらとしてきますし、この16週に入ると胸が一気に大きくなったり、張ったりするようになります。

お腹が大きくなるにつれて腰への負担は重くなる一方ですが、これに効果的なのが、古来からある「戌の日まいり」の風習。「戌の日まいり」とは、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に神社などへ安産祈願のお参りをして、「腹帯」を巻くというもの。

「腹帯」とは長いさらし布で、現代で言えばコルセットのような役割を果たし、妊婦さんのお腹を保護して、支えることができます。今では手軽に巻けるコルセットの方が人気ですが、これから先大きくなる一方のお腹を支えて保護したり、腰痛を予防したりするためにも、是非、腹帯やコルセットなどを取り入れてみて下さい。

また、お腹が大きくなってくると、仰向けの姿勢で寝るのは苦しいですよね。そんな時は、自分の身体を横向きにして眠ると比較的楽です。人によっては抱き枕などを抱えると楽という方も。自分なりの楽な姿勢を探してみましょう。

そして、この妊娠16週になると「胎動」を感じるママも出てきます。
一般に、胎動を感じるのは経産婦のほうが初産婦より早く、妊娠17週頃から。初産婦は妊娠19~20週頃からわかるようになると言われていますが、この時期から胎動を感じたという方も結構います。

胎動は、はじめはお腹の中でガスがはじけるような、痙攣するようなかすかな違和感ぐらいです。下腹部にぷくぷく、ピクピクというような小さな動きでしかないので、初産のママは気がつきにくいかもしれません。

静かに横になっていると感じやすいとも言われていますので、気をつけてみてはいかがでしょう?もちろん、この時期に胎動がまだ感じられないからといって心配することはありません。焦らずもう少し待ちましょう。

そして、この16週くらいから是非やってほしいのが、「分娩予約」
多くの病院は妊娠20週までに分娩予約が必要だと言われており、今通っている産婦人科で分娩ができるのならいいのですが、里帰り出産を考えている方は別!

里帰り先の病院を探し、分娩予約を入れることが必要になります。これまで通っていた病院からの紹介状がいるというところもありますから注意してくださいね。

赤ちゃんの様子

妊娠16週の赤ちゃんの身長は11~14cm、体重は60~120gほどに!
身体のすべての関節が完成し、手足を自由に動かせるだけでなく、より複雑な動きもスムーズに行えるようになります。

この時点で触覚はもうすでにあると言われ、自分の手や指で、顔やお腹、さい帯などを触って確認でもしているようなしぐさを見せることも。

また、耳も発達し、外部の音も聞こえるようになります。外から話しかけている声などはまだ聞こえにくいようですが、骨を伝って声が響くママの声は赤ちゃんにも届いています。ママが話しかけると、赤ちゃんはその声を認識し、リラックスすることができると言われていますので、たくさんお腹の赤ちゃんに話しかけてあげてくださいね。

それに、この頃の赤ちゃんの脳はますます発達し、物事を「記憶」することができるようになると言われます。こうなると、ママのストレスも伝わりますし、耳も聞こえているので、それらが赤ちゃんへ伝わり、記憶されてしまいます。 また、ママのイライラやストレスが溜まり過ぎると、アドレナリンが過剰に分泌され、赤ちゃんへ酸素や栄養が届きづらくなるとも言われています。

赤ちゃんに覚えておいてもらいたい、優しい言葉あたたかい記憶などをプレゼントしながら、できるだけ穏やかに日々を送ってほしいと思います。

妊娠17週

ママの身体と注意点

妊娠17週頃になると、赤ちゃんの成長が急速になり、ママのお腹もどんどんふくらんで、マタニティウェアが必要な体型になってきます。また、お腹が大きくなるにしたがって、背中を反らした不自然な姿勢になるので、腰痛や便秘などが悪化することも。

寝るときの姿勢を工夫する、ストレッチをする、姿勢を伸ばすように心がける、コルセットなどの腰痛グッズを活用するといった方法を試してみて下さい。

また、この頃は、赤ちゃんの成長に伴い、ママの身体では、胎盤へ送りこまなければならない血液量が増加。平常時に比べ、血液量が30~50%増え、心拍数も平常時の1分あたり約70回に対して、1分あたり80~90回程度にまで増えてしまいます。

そのため、何もしていないのに動悸が激しくなったり、息切れがしたりという妊婦さんが多くなるのです。ただし、少し安静にして治まるようであれば、あまり心配する必要はありません。

また、妊娠中は便秘に悩まされる妊婦さんが多いのですが、17週に入ると、骨盤の中の血液量も今まで以上に増加し、さらに、直腸の静脈瘤によって血流も速くなり、血管が膨張してしまいやすくなるため、痔になってしまう妊婦さんが増えてきます。

自分が痔なんて・・とショックを受ける人も多いかもしれませんが、この場合の痔は妊婦さんにはよくあること。食物繊維が含まれた食品を積極的に摂るようにし、消化の良いものを食べるなど、便を柔らかくするようにしましょう。症状が緩和されると思います。

そして、妊娠17週は赤ちゃんの「聴覚」が発達するため、胎教を始めるのに良い時期。胎教は赤ちゃんの脳を刺激して、好奇心旺盛な子になる、夜泣きをあまりしなくなる・・などの効果が期待されると言われています。興味がある方は、是非どうぞ!

赤ちゃんの様子

妊娠17週の赤ちゃんの身長12~17cm体重100~150gくらい。
発育には個人差があるものの、身体には脂肪がついて、ふっくらとした体つきになるそうです。

この時期の赤ちゃんは皮下脂肪が増え、特に、肩甲骨の裏側付近に「褐色脂肪」という脂肪がついてくるのが特徴的です。褐色脂肪は、身体の中のカロリーを熱に変えて拡散する働きがあって、赤ちゃんが自分で熱を生み出せるようになるということを意味します。

もちろんまだまだママの体温などに依存しているのですが、皮膚はますます厚くなって甲状腺なども発達し、着実にお腹の外での生活の準備が始まっていると言えます。

また、この頃になるとますます聴覚と記憶を司る「海馬」が発達してきて、赤ちゃんはママの声を覚え、聞き分けられるようになるそうです。残念ながら、男性の低い声はまだよく聞き取れないので、パパの声は認識できませんが、是非、ママと一緒に赤ちゃんを囲んで、家族全員でお話をしてあげてくださいね。

それから、17週目になると胎動を感じられる方が少しずつ増えてきます。一般的には、もともと太っている方よりも痩せている方の方が、赤ちゃんの胎動を感じやすい傾向にあると言われています。

胎動というと、お腹の中から赤ちゃんが激しく蹴ったり、叩いてきたりというイメージがあると思いますが、この時期の胎動はちょっとした違和感程度。くすぐったいような、泡やガスがプチプチ弾けているような、そんな感じです。胎動は妊娠が進むにつれて大きく、激しくなっていきますから、この時期に感じられなくても慌てる必要はありません。

また、この妊娠17週に赤ちゃんの性別を知ったという方も少なくないそう。普通、性別は妊娠18~19週くらいにわかるのが多いようですが、ラッキーなことに超音波検査でバッチリ見えた!というママもいるようです。

 妊娠18週

ママの身体と注意点

妊娠18週の子宮の大きさは大人の頭くらい。ママは下腹部がポッコリと前にせり出すようになるでしょう。

17週に引き続き、血液量の増加によって、ママの心臓には負担がかかりがちになり、腎臓の方へも負担がかかるようになります。そのため、何もしていない時でもだるさや倦怠感、疲労感を感じたりするようになります。そんな時は無理をして動く必要はありません。身体を休めるようにしましょう。

またこの時期、赤ちゃんのエネルギー源が糖分になり、ママから優先的に送られるようになります。ママの方はというと、主なエネルギー源が脂肪や炭水化物に!身体が皮下脂肪を蓄えるようになりますので、これから先の3ヶ月間は体重が増えやすいとされています。体重管理には注意してください。

さらに、赤ちゃんに糖分を送ってしまう分、ママは低糖質な状態になってしまい、集中力が続かなくなってしまうことも。だからといって、お菓子で糖分を補おうとすると、血圧を一気に高めてしまうことにつながりますから、集中力が続かないな・・と感じた時は、果物などから摂取するのがおすすめです。

また、お腹が大きく前へせり出してくることから、身体のバランスが取りづらくなり、腰痛が酷くなりがち!どうしても身体が反り気味になってしまったり、猫背になってしまったりなど姿勢が悪くなってしまうことが増えるので、注意しましょう。

腰痛の緩和対策としても有効な「骨盤ベルト」は、妊娠18週に最適。
妊娠中、骨盤は子宮を支えるために広がってしまうのですが、出産した後、自力で元に戻すことができないと言われています。この骨盤が広がった状態をそのままにしておくと、産後も腰痛に悩まされたり、寸胴体型の原因になってしまったりするそうなので、出産後は一刻も早く元の体型に戻りたい!というママは「骨盤ベルト」を装着してみてください。

ただし、骨盤ベルトには正しい巻き方があります。必ず、正しい付け方を先生や助産婦さんなどに聞いてから着用するようにしましょう。

また、この妊娠18週は胎動を感じる方が多くなる頃。慣れてくると、胎動を通じて赤ちゃんとコミュニケーションを取ることも可能なんだとか!

赤ちゃんが動いている時に、ママからポンと軽く叩き返す、必ず話しかけるなどのアクションを取っていると、ママとの合図を覚えたり、時には、ママが叩いた場所を赤ちゃんが叩きかえしてくれたりすることもあるそうです。この頃の赤ちゃんは海馬も発達し、記憶をする力があります。何度も繰り返しコミュニケーションをはかっていると、赤ちゃんとコミュニケーションを取れるようになっていくかもしれません。

また、この時期の妊婦さんはおりものの分泌量が増えるのが一般的ですが、心配なのは「細菌性腟症」。細菌性腟症自体は症状も軽く、母体にはあまり悪影響を与えないのですが、炎症が進むと「後期流産(妊娠12~21週の流産)」の原因になることがあるのだそう。

そのため、この妊娠18週から20週にかけて「腟分泌物検査」を行う病院が最近では増えてきているようです。おりものの量が急に増えたり、黄色っぽくなったり、匂いがきつくなったりした時は、必ず産婦人科医師の診察を受けましょう。

赤ちゃんの様子

妊娠18週の赤ちゃんの身長13~18cm体重150~200gほどへ成長します。顔にも脂肪がつき、3~4頭身になるなど、ますますかわいさが増すでしょう。

また、赤ちゃんの身体には産毛が全身に生えてきて、赤ちゃんの体温を保ち、皮膚や細胞を保護することができるクリーム状の脂、「胎脂」が作られ始めます。その他、「胎便」の練習も始まり、緑色で無臭の便をするようになります。ちなみにこの便は、ママには何の害もないもの。安心してください。

さらに、身体神経回路がもっと発達し、身体の各部分に起こる刺激を感じられるように。今まではただの反射、もしくは自分の意思ではない動きをしていた赤ちゃんが、脳の神経回路の完成に伴って、自分の意思で身体を自由に動かすようになるのです。

そのため、超音波エコーなどで、時々赤ちゃんの頭が反対になっている姿勢を見ることがあり、「逆子・・・?」と不安になるかもしれませんが、これは赤ちゃんが自由に動きまわっているだけなので心配いりません。

また、この週はさらに耳が発達して、内耳が完成。お腹の外の音にも敏感になり、ずいぶん聞き分けることができるようになるそうです。低い音や高い音の違いもわかるようになるため、ママだけでなく、パパの声もわかるようになるそうですよ。

また、この頃の赤ちゃんは外性器も作られ、性別も決まっていますが、女の子の場合はその体内で、卵子の素となる「原始卵胞」というものが活動するようになります。まだ生まれてもいない赤ちゃんですが、身体の中ではすでに次の世代につながる準備、つまり妊娠するためのシステムが出来上がりつつあるのです。すごいですね。

妊娠19週

ママの身体と注意点

妊娠19週の子宮は、おへその下あたりまで大きくなり、子宮の両端にあたる下腹部の左右あたりに、突っ張るような痛みや張りを感じる方が出てきます。

これは妊婦さん特有の生理現象であることが多く、しばらく身体を休めればほとんどが治まります。ただ、休んでも痛みや張りが取れないようでしたら、何らかのトラブルの可能性があるので、病院を受診するようにしましょう。

さらに子宮は、この先、通常の骨盤のサイズよりも大きくなっていきます。そのため骨盤も、しっかりと支えられるように下部にある恥骨結合を緩ませて、スペースを作りだすといった出産の準備を開始。

ただし、この出産準備によって、骨盤周辺には負担がかかり、腰痛股関節痛などを引き起すことが!姿勢を良くする、ウォーキングやストレッチなどの軽い運動をする、辛い時は椅子に座る・休むなどして乗り切るようにしてください。

また、この週には多くの方が胎動を経験すると思います。
まだ19週の段階では、赤ちゃんの頭が下を向いていることも多く、一概に逆子とは言えないのですが、これ以降、胎動がどこで起こっているのかのチェックをしておくといいでしょう。

逆子の場合は、おへその上あたりに胎動を感じる膀胱に軽い痛みがある下半身をよく蹴られるなどの症状を感じるそうです。妊娠30週までは逆子が自然になおることも多いですから、あまり気に病む必要はありませんが、覚えておくと自分で確認することができますね。

また、この時期はシミや黒ずみなどが目立ってくる頃でもあります。実は、皮膚を強くするための反応がそうさせるとも言われており、ホルモンがメラノサイトというメラニン色素を生成する色素細胞を刺激してしまうので、ちょっとした刺激や日焼けなどでもシミや色素沈着になりやすくなってしまうのです。外に出る時は、帽子など日焼け防止の工夫が必要になります。

さらに、この時期、ママのお腹の真ん中に縦線が出来てしまうことがあります。
これは「正中線」といって、受精した卵子が細胞分裂を繰り返して赤ちゃんへ成長していく名残であると言われるもの。メラニン色素が増えるため、「正中線」もはっきりと目立つように感じると思いますが、出産後は次第に目立たなくなっていくので、安心してください。

赤ちゃんの様子

妊娠19週の赤ちゃんの身長16~20cm体重200~280gくらいになると言われています。

赤ちゃんの性器もほぼ完成し、今までは女の子の場合、内側に性器があるため、超音波エコーなどで性別を判別するのは難しかったのですが、卵管卵巣が完成し、もきちんと形成されるので、女の子であることがハッキリとわかるようになってきます。

また、腎臓膀胱が完成して、口から肛門まで続く消化器官からいろいろな「消化液」を分泌するようにもなります。「消化液」は、身体に取り込まれた食物を分解・吸収する助けとなるものですから、赤ちゃんにもそれが分泌されるようになったということは、赤ちゃんが体内で自分自身の栄養吸収システムを構築したということを意味するのです。すごいですね!日々、できることがどんどん増えていっています。

そして、白っぽい色をしていた赤ちゃんの皮膚もだんだんと肌色と呼べるような色になり、どんどん人間らしく、赤ちゃんらしい姿へと成長を遂げていきます。