女性にとって、バスタイムは貴重なリラックスできる時間。お風呂に浸かって、ゆっくりと手足を伸ばして・・1日の疲れを取るにも欠かせない!という方も多いでしょう。

しかし、妊娠中のプレママさん達にとってはバスタイム苦痛なことも。

お風呂に入ると、動悸がしたり、気持ちが悪くなったりする・・

こんなお悩みがネットでも多く寄せられているからです。特に、妊娠初期のプレママに多いようですね。

妊娠前はむしろお風呂が大好きで、何ともなかったのに、どうして?と戸惑う妊婦さんのたくさんの声。

何故、妊娠中のお風呂で動悸や気持ちが悪くなるようなことが起こるのでしょうか?

今回は、多くの妊婦さんの不安を取り除くべく、この理由対処法についてご紹介していきます!

妊娠中のお風呂!動機や気持ち悪い感じがする理由とは?

妊娠中のお風呂で動悸気持ち悪い感じがする理由とは、どんなものがあるのか?その原因を探って行きましょう!

妊娠中のお風呂で、動悸や気分の悪さにお困りの皆さん!原因と対処法を知って、少しでもすっきりと楽になりましょう!

つわりによるもの

妊娠初期、だいたい妊娠5週くらいから始まり、ピークは7~9週頃。
12~16週頃まで続くと言われるのが、つわりです。

妊婦さんの80%が経験していると言われ、妊娠によるホルモンの分泌や、代謝面の急激な変化自律神経の不調精神的・体質的な要因などが合わさって起こる症状ですが、全く感じない人もいれば、妊娠初期だけでなく、後期までずっと続く人もいるなど、個人差も大きく、また、詳しい原因や仕組みなどはわかっていません。

妊婦さんが、このつわりの時期に突入すると、いつも眠たかったり、食べ物の好き嫌いが変わったり、匂いに非常に敏感になったりと、体調そのものが今までとは大きく変化します。

特に、匂いには過敏になり、ご飯の炊ける湯気や、満員電車の中の体臭、たばこの臭い、アルコールの匂いなどなど、今までだったら気にも留めなかったありとあらゆる匂いが敏感に感じとられ、気持ちが悪くなる人が多いようです。

私もそうでしたね。自分が乗っている電車の中に立ち込める匂いで気持ちが悪くなり、何度途中下車したかしれませんし、旦那さんが帰ってきたときにまとっているいろんな匂いやアルコール臭なども耐えきれませんでした。

また、料理やご飯などの匂いも気持ちが悪くなる元でしたから、ひたすら何もせず、家では横になることしかできませんでした。

このような非常に辛い状態ですから、お風呂に入り、もうもうと立ち込める湯気途端に気分が悪くなる吐いてしまうということが起こりがちです。

また、ボディーソープや石鹸、シャンプーなどの香りが原因で気持ちが悪くなることも。
妊娠中、特につわりの時期はすべてのことがきっかけとなり、気持ちの悪さを誘発しますから、お風呂で起きるのも驚くことではありません。

自律神経の乱れによるもの

妊娠中は大量に放出されるホルモンの働きなどで、自律神経に影響がでることがあり、これが動悸などの原因になることもあります。
特に、つわりの時期は自律神経の不調が起こりやすいと言われています。

自律神経による不調は、動悸以外にも息切れ、不眠やめまい、イライラする、便秘など、人によって症状は様々です。

中でも、よく聞かれるのが、妊娠中、お風呂に入ると動悸がするというもの。

妊娠中は自律神経の乱れ起きやすくなっている状態である上に、入浴で体内の血流が良くなり、体温が上昇します。
しかし、これは同時に、心臓に負担がかかることも意味します。
そのため、入浴中、もしくは入浴後に動悸息切れがすることが多いようです。
ただし、この症状は一時的なもので、しばらくたつと症状が治まるケースがほとんどです。

長風呂、身体の温めすぎによるもの

妊娠するとお腹の赤ちゃんを育てるために、身体の中では、ホルモンの分泌がぐっと増え、子宮が大きくなるなど、めまぐるしい変化が起きます。
中でも、子宮という器官は、熱による影響を大変受けやすいと言われています。

そのため、長風呂などで身体を温めすぎると、必要以上に血流が増え、子宮の収縮が激しくなってしまうことがあるのです。
そのため、身体がSOSを発し、気分が悪くなるなどの症状によって危険を知らせるのだと考えられます。

普通の身体でも温泉などに入り過ぎると、のぼせて気持ちが悪くなることがありますよね。
妊娠中は特に気をつける必要があります。

また、急な子宮の収縮は、流産や早産のリスクを高めることでも知られていますので、妊娠中の入浴は、長風呂は避け、湯温も高くしすぎないように気をつけましょう。

水圧でお腹が圧迫されるため

また、湯船につかる時間が長くなると、水圧でお腹が圧迫されて気持ちが悪くなることもあります。
妊娠中は、ただでさえ妊娠によって子宮が大きくなり、横隔膜を押しあげている状態になります。

これに水圧がかかるとさらに圧迫がひどくなるため、気持ちが悪くなったり、呼吸が苦しくなったり、動悸がすることがあるようです。

貧血によるもの

妊娠初期の動悸の原因としては、鉄欠乏性貧血があげられることがあります。

妊娠すると、母体の体重が増加しますし、お腹の赤ちゃんの成長のためにもより多くの血液が必要になります。

そのため、血漿量と赤血球量をあわせた血液量というものが増加するのですが、その割合が赤血球量よりも血漿量の方がはるかに増えるため、全体の血の量は増加するものの、血液自体は薄まってしまうという状態になってしまうのだとか。

血液が薄くなってしまう、つまり貧血の状態になるのです。
これは妊婦さんの生理的現象の一つだそうですが、妊娠前から貧血気味の方などは、これらの身体の変化によって、妊娠初期から鉄欠乏性貧血を発症することが多いのだそう。

妊娠中のお風呂での動悸や気分の悪さ!その対処法とは?

原因を探ったところで、続いては、対処法についてご紹介していきます!

おすすめは、短時間&ぬるめのシャワー!

まず、湯気、長風呂、水圧などへの対策としては、浴槽にお湯を張るのはやめて、シャワーに切り替え。
温もり過ぎるのを避けるため、ぬるめの温度さっと浴びるのがおすすめです。

心臓に負担を掛けないという点においても、熱いお湯でなくぬるめのシャワーで手早く入浴を済ます方法は有効と言えます。
また、湯気が気になる方は、換気扇を回しながら入るのもいいかもしれません。

それから、ボディーソープや石鹸、シャンプーなどの香りが原因かも・・という場合は、できれば無香料のものに変えましょう。
そして、他の人の入浴中の匂いをかがなくていいよう、1番最初に入浴をすませるなどの工夫もアリです。

大切なのは、無理をしないこと!

そして、自律神経の乱れや貧血などによるものは、なるべく規則正しい生活食生活をおくることが大切です。
しかし、つわりなど身体の急激な変化が起こっている時は、食生活や生活習慣を正したくてもできないことも十分に考えられます。
その場合は、無理をしないで!

つわりがひどい時は、1日や2日お風呂に入らなくても死にはしないと開き直ることも大切です。
実際、妊娠中、気持ちが悪くてお風呂に入れない人はたくさんいます。
妊娠中は、一人の身体ではありません。
身体をいたわること自分の身体の声に耳を傾け、無理をしないこと
これらが肝心ですよ。

もし、お風呂に入れない場合は、洗面器などで足湯をして温まる、蒸しタオルで身体を拭くなどを実践してみてはいかがでしょう?
少しはさっぱりすると思います。

また、貧血などがひどい時には病院に相談して、お薬などをもらうのも必要かもしれません。
そして、貧血時には立ちくらみなどが起きやすいので、滑らないよう、浴室の床に滑り止めマットをしくなどの対策を立てるのもいいと思います。

[ad#adyousan]