いつでも妊婦さんの悩みの上位にランクインするのが、「便秘」です。
妊娠中はもともと便秘体質でない人も、ホルモンの変化や大きくなったお腹が腸などを圧迫することで「便秘」になりやすいとされています。

しかし、便秘につきものの「いきみ」。
便秘中はいきまないと、なかなか便が出にくいものですが
こんなにいきんで、赤ちゃんに影響はないのだろうか・・?
流産したりしない?赤ちゃんが出てきてしまわない?
など、何となく心配でうまくいきめなかったりするのが母心ではないでしょうか?

そこで、今回は「妊娠中の便秘!妊婦はいきむのは大丈夫?」というお悩みを解消!
妊娠中、いきむのは大丈夫なのか?否か?どんないきみが危険につながるのか?ということも交えて、わかりやすくご紹介していきますので、お楽しみに!

妊娠中、いきむのは大丈夫なのか?否か?

まずは、妊婦さんの「いきみ」で一番気にかかる、妊娠中にいきむのは大丈夫なのか?ということについて見ていきましょう。

妊娠初期・中期の「いきみ」について

妊娠初期は赤ちゃんがまだ安定せず、いきんで流れてしまったらどうしよう・・?と不安になる事が多いかもしれませんが、もともと、排便の時に入る通常程度の力というものは子宮には影響を及ぼさないと考えられているそうです。安心してくださいね。

また、妊娠中期も同様。つまり、多少「いきむ」ことによって流産や早産に直接つながることはないのです。

むしろ、妊娠初期の流産のケースとして怖いのは、下痢。ひどい下痢をしてしまい、その腸の運動が子宮に影響してしまった結果、・・ということがあるそうです。

妊娠後期以降の「いきみ」について

妊婦さんの「いきみ」。妊娠初期や中期にはあまり問題にならない「いきみ」も、後期に入ると出産予定日が近づくため、少し注意が必要です。
もちろん、子宮口が開いていないのに多少いきんだところで、赤ちゃんが出てくるわけではありません。しかし、妊娠末期ともなると、便秘がひどいため使用した下剤で陣痛がつくケースもあるのだとか。

いきまないで排便するのが一番ですが、あまりにひどい時はやはり医師に相談して、お薬などを服用するのがおすすめです。

「いきみ」はOK!?ではない理由

いきんでも赤ちゃんには全く影響はないんだ!よかった!
ここまでの記事でそう考える方もいるかもしれませんが、実はそうではありません。
もちろん通常の「いきみ」は問題ありません。しかし、力いっぱい、強く「いきむ」ことはやはり問題があるのです。

無理に「いきむ」ことの問題点とは?

何故なら、トイレで強く「いきむ」と、血圧が急上昇し、子宮の収縮を招く原因になるからです。子宮の収縮は、赤ちゃんにとって良い環境とはいえません。「いきみ」が直接流産や早産につながる危険性は少ないそうですが、度々強く「いきむ」ことで、子宮の収縮や血圧の上昇を生じるとしたら、やはり避けたいところです。
また、強く「いきむ」ことで、痔になってしまう可能性も大いにあります。

その他、ママが「便秘」状態にあることが、お腹の赤ちゃんに間接的な悪影響を与えるということも近年、指摘されています。
「便秘」であるママの腸内環境が赤ちゃんに引き継がれる可能性や、「便秘」によって体内に食べカスが溜まり、それが腐敗して腸壁から血中に吸収され、赤ちゃんへ運ばれているという説もあるのです。

お腹のかちゃんのためにも「便秘」状態を解消し、無理な「いきみ」をなくすこと!
これが、一番のようですね。

妊婦が「いきむ」ときの注意点とは?

妊婦さんは無理にいきまないことが最善ですが、そうはいっても、多少いきまないと便が出ない・・!という方も多いでしょう。また、思いがけず急に「便秘」になってしまった!という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合は、なるべくお腹に負担を掛けないように「いきむ」のがコツです。
具体的には、息を吐きながら、少し前かがみになって、両肘を太ももに置き、かかとをちょっとあげる姿勢がおすすめです。
身体を少し前かがみにすることで、直腸から肛門までの便の送りがスムーズになり、かかとをちょっと上げることで腹筋の力を腸に伝えやすくできるのだそう。

ただし、長時間、無理に「いきむ」のはNGです!
少しいきんでも出ないということが続く場合は、生活改善はもちろんですが、産婦人科の医師に相談して、漢方下剤などを出してもらいましょう。

また、妊娠中は市販の便秘薬は買わないように!必ず、病院で相談してから調剤してもらってください。

注意したい「いきみ」とは!?

妊婦さんが「いきむ」ことで、直接流産や早産にはつながらないと言いましたが、いきんだときに「出血」があった場合、要注意です!

この場合、考えられるのは、「」もしくは「何らかのトラブル」です。「便秘」の妊婦さんは「痔」になりやすく、自分でも気がつかないうちに悪化していることがあります。
しかし、ひどくなると寝返りにさえ痛みを感じることもあるのだとか。早目に病院で相談してみることをおすすめします。

また、「痔」以外の出血の場合、赤ちゃんに何らかのトラブルが起こっている可能性もあります。急いで病院へ行きましょう。

[ad#adbenpi]